部屋のインテリアコーディネート

部屋の条件

スポンサード リンク


熱帯魚を飼うにはいくつかの条件があります。
これを守らないと悲劇が待ってますので必ず守ってください。

<床の耐荷重>
45センチくらいまでは、ほとんど気を使わなくてもいいですが60センチ以上では必ずチェックしてください。
まず畳の場合はかなりキツイです。コンパネ等を敷いてその上にキャビネットを置きます。畳は淵のほうが固いので、そのあたりも考慮してコンパネを敷いてください。60センチを超える水槽は置かないように。畳をはずしてコンパネを敷くのが堅いと思います。

フローリングの場合は90センチくらいまでは通常大丈夫です。
念のためコンパネやキャビネットで力を分散してください。

120センチ以上の場合は、必ず工務店に相談して必要なら補強。
絶対に安易に考えないようにしてください。



<直射日光が当たる所>
藻が大量発生したり、水温が上昇したりと散々です。


<大きな音、振動が発生する所>
ドアの近くなどはやめましょう。振動や音は魚へのストレスになる場合があります。特に振動は、水槽の破損にも繋がります。

<電化製品の近く>
電化製品の近くはやめましょう。コンセントも離したほうが無難です。
漏電で感電。高級家電の故障など。


<水場が近いこと>
メンテナンス性を考えると水場が近いほうがいいです。
ダイニングなんかいいですね^^


<蚊取線香の類を使わない場所>
物によっては1夜でご臨終です。
とにかくやめておくのが吉。


スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。